rainbow_05

Minecraft 1.8 マルチサーバーの建て方 [Linux]


Minecraftが1.8にアップデートされたので、再びサーバーの建て方を掲載します。

1.8のBukkitは公開されていないので、今回はRainbowというものを使います。

1.Rainbowの入手

2.Rainbowの起動

3.Rainbowにプラグインを入れる

 

1.Rainbowの入手

下記リンクより、Rainbowをダウンロードして下さい。

http://www.project-rainbow.org/site/downloads/?cat=1

基本的に一番上にある新しいモノをクリックしてください。

rainbow_01

赤枠で囲った部分をクリックすると、ダウンロードされます。

rainbow_02

 

 

ダウンロードが終わったら、Filezilla等でサーバーへ転送してください。

2.Rainbowの起動

適当なフォルダを作成して、ファイルを移動してください。

</pre>
# unzip Rainbow_V~~.zip

# vi start.bat

@ECHO OFF
java -Xms1024M -Xmx3072M -jar Rainbow.jar
PAUSE

# chmod a+x start.bat

# ./start.bat

Initializing 'Baked In' server goodies...
---------------------------------------------------------------
Creating directory: Backpacks
Creating directory: AsyncLog
[AsyncLog-Svr] Started.

~~~~~~中略~~~~~~~

[SVR/INFO]: You need to agree to the EULA in order to run the server.
[SVR/INFO]: Step 1 - Type 'stop' to close server.                  #規約に同意して再び起動してください
[SVR/INFO]: Step 2 - Open the file 'eula.txt' for more info.    #といったような意味です。

stop   #"stop"と入力してください

# vi eula.txt

eula=true   #"false"になっているので直してください。

# ./start.bat

~~~~~前略~~~~~

[SVR/INFO]: Preparing spawn area: 90%
[SVR/INFO]: Preparing spawn area: 96%
[SVR/INFO]: Done (35.120s)! For help, type "help" or "?"    #起動完了です。
[SVR/WARN]: --- Server Lag: Running 2967ms behind, skipping 59 ticks ---     #ラグが生じたという意味です。

これで起動完了です。

知り合いだけで遊ぶならこれで十分でしょう。

ですが、一般に公開するには嵐対策など問題だらけです。

なのでRainbow用のプラグインを導入します。

3.Rainbowにプラグインを入れる

サーバーが起動している場合は、一度サーバーを停止します。

http://www.project-rainbow.org/site/downloads/?cat=2

上記リンクに飛んでお好きなプラグインを探してください。

 

rainbow_03

今回はRainbow版WorldEditを導入します。

“World Management”(ワールド管理)をクリック。

RainbowEdit (WorldEdit)をクリック

rainbow_04

 

赤枠部分をクリックしてDLしてください。

rainbow_05

DLしたらサーバーへ転送します。

</pre>
# mv RainbowEdit.jar "~~~"/plugins_mod

Rainbowを解凍したフォルダに、”plugins_mod”というフォルダがあるので、

DLしたプラグインをそのフォルダに移動してください。

そうしたら再びサーバーを起動します。

</pre>
#./start.bat

~~~~~前略~~~~~

[SVR/INFO]: Done (5.445s)! For help, type "help" or "?"
[SVR/WARN]: --- Server Lag: Running 2828ms behind, skipping 56 ticks ---

plugins    #"plugins"コマンドを使います。

Plugins: RainbowEdit    #このように表示されたら、導入成功です。

プラグインの使い方は至って簡単です。

bukkit版と同じく木の斧で領域指定して、//setや//cutを使います。

他のプラグインでも導入方法は同じで。

DLして”plugins_mod”に入れるだけです。

それぞれのプラグインのガイドは、そのプラグインのDL先に書いてあります。

1.8でItemtagをはじめ、さまざまなコマンドのアップデートがあったので、

まずはプラグインを入れる前に、標準のコマンドをひと通り使ってみるとよいでしょう。

それでは良い1.8マルチライフを~。



Raven について

あれこれ興味を持ったものを、ちょっと触ってすぐにやめちゃう、 どうしようもない状態です。orz 何か職になるくらいモノを身につけなければ・・・