クリップオン1灯で物撮

クリップオン1灯で格好良く物撮ライティング(半逆光編)


クリップオン1灯で物撮

物撮、商品撮影ライティング

物撮は簡単に思えるようで、実はとっても奥が深く、きらきらメッキされていたり、透明だったり、撮影する対象によって難易度が跳ね上がります。そして、どこまで追い込むか、求めるクオリティによって、掛かる手間暇、時間、コストは全く変わってきます(笑)

ワンカットを撮るのに、プロのスタジオカメラマンが、沢山のストロボと様々な機材を使って1つ1つのハイライトや陰の入り方、反射して写る内容など細部にこだわって、セッティングだけに1時間以上なんて事も普通にある凄い世界です。

今回はそんな物撮をクリップオン1灯だけ、そして極力お金を掛けず、誰でも手軽に組めて、そこそこ綺麗に、汎用的に使えそうなライティングが出来ないかなと。

セッティング

まずは、使えそうな物がないか100円ショップを物色、ウロウロしていたら文具コーナーに大きな模造紙5枚入りのロールを発見、もうこれしかないということで早速購入して、組んでみたセットの写真がこちら。

 20150221-IMG_5537 20150221-IMG_5534

なんてことはなく、100円ショップの模造紙を敷いて背景にして、そして被写体の斜め上後ろに面光源を作って半逆光、後は被写体の周囲を同じく模造紙で囲んで光が回り込むように。

背景紙スタンドを出してきて模造紙で面光源を作るのが少々、面倒になってしまったwwので出しっ放しだったクリップオン用のソフトボックスを使ってしまいましたが、実際にはソフトボックス不要です。

ソフトボックスの場所に、同じく模造紙を上手く設置して、その裏面からストロボ照射してもいいですし、前回のイベントでやりました段ボールでソフトボックス作ってOKです。

 

この中に色々入れて撮ってみた写真がこちら。

20150221-IMG_704020150221-IMG_7048

20150221-IMG_7046

20150221-IMG_7043

20150221-IMG_7044

いかがでしょう?

 

プロから見れば、いろいろツッコミどころがあるかと思いますが、クリップオン1灯と100円ショップの模造紙にしては、そこそこ綺麗に撮れたんじゃないかと自己満足。

 

調子に乗って難易度が上がる「光沢のある物を撮ってみようと」見回したら、クリップオンの強い味方、エネループプロの充電が完了しているのが目にとまり、そのまま何気なく入れて撮ってみた写真がこちら。

 

20150221-IMG_7059

やっぱり光沢のある物はね。黒い部分はまだいいですが、Panasonicの銀色の文字が・・・orz

 

そして最後は、やはりガラス瓶も撮ってみようと、手の届くところにあった瓶

20150221-IMG_7036  MYERS’S RUM(マイヤーズ・ラム)

体の芯まで冷えてしまった日は、ホットミルクにラムをたっぷり、実はこれが結構好きです(笑

写真の方は、これはもうあれですね。

いろいろ映り込みが激し過ぎて・・・

当たり前の事ではありますが、光沢や反射があるものは、やっぱりちゃんと考えてセッティングしないとダメですね〜。

 

ただ、光沢や反射が無ければ、この半逆光ライティングはクリップオン1灯だけで出来る割に、何気にそれっぽくハイライトが入って、手軽な割にちょっとライティングをしてる感が出ていい感じでは無いでしょうか。

機材にお金を掛けなくても、
写真はアイディア次第です。

皆さんも是非、いろいろ試してみて下さい。

よさげなテクが見つかったら、是非教えて下さい。



Kenzi Tada について

カメラマンを本業と出来るよう鋭意努力中ですが、まだまだ力量が不足し、広告企画制作や技術者としての仕事をメインに、二足のわらじ、もとい四足ぐらいか(笑) 作品制作や撮影のお仕事にご協力頂ける被写体様(男女年齢問わず)、ヘアメイクアップアーティスト様を随時募集しております。ご興味が御座います方は是非、ご連絡下さい。