20150423

最新版Lightroom CC のフィルターマスクが凄い


20150423

Lightroom6/CCのアップデート

3月4月は有り難くも撮影依頼がぽんぽん舞い込み、土日全部撮影で埋まる休み無しという嬉しい悲鳴で、ブログを書く時間が確保困難だったのですが、昨夜、現像が一段落したところで、良く知らないままLightroomを5->CCにアップデートしたところ

 

「まさに欲しかった機能」

が追加された事に感動!!現像作業前にアップデートすれば良かったと怒りつつ・・・思わず久々の記事に。

5->CCで進化・追加された機能

これは公式にあるので、詳しくはそちらを。主なところでは、

「HDR画像作成機能」

「パノラマ写真作成機能」

「GPUアクセラレーション」

「iPhotoのような人物検索機能」

そして私が一番嬉しいのが、
フィルターのマスク機能」

これ非常に地味な機能追加ですが、その実用性はほんとヤバいです。

あまり注目される人も少ないかと思い、簡単に使い方をご紹介。

LightroomCCのフィルターマスク処理

気付けばプライベートな写真を殆ど撮っておらず、作例がイマイチですが、娘が拾ってきた桜の花弁をレタッチ。

lr01

撮って出しの状態ですが、雨上がりの曇りの為、桜の花びらの色が非常にくすんだ状態。

「桜の花だけ」を調整したい時、丁寧にやるなら、この段階でCmd+EでPhotoshopを起動するところですがCCなら

円形フィルター&新機能マスクで一発。

lr02

これまで通り、円形フィルターを掛けた状態で「選択したマスクオーバーレイを表示」をチェック。ショートカットは「O」

lr03

赤く表示された部分が、円形フィルターの提供される範囲。この状態で「ブラシ」タグを押してブラシを「消去」モード+「自動マスク」をOnで花びらに沿ってラフになぞると、

lr04

桜の花だけが赤く表示されてマスクされた状態に。この状態で調整すると綺麗に花だけが補正出来る。

lr07

この作業に要した時間は僅か数秒。この程度の調整なら、Photoshop起動して画像を読み込んでいる間に、終わってしまう手軽さ。しかもLRならではのデータの非破壊調整。

大量に現像しなければならない時、Photoshopを起動する事が極めて億劫になり、まあいっかと妥協してしまいがちになる細かな調整もこれなら・・・。

仕事で使うソフトのアップデートは、トラブルに見舞われたり、なんも変わらないのに金だけ取られる的な余りテンションの上がるイベントでない場合が多いが、今回のアップデートは、速度もアップして快適、新機能で作業効率もアップ、Adobe社のアップデートでこれほど仕事道具として正常進化した事は、未だかつて無いのではないのではないかと、本当に感動ものでした!

もうLightroom無しでは生きられません・・・



Kenzi Tada について

カメラマンを本業と出来るよう鋭意努力中ですが、まだまだ力量が不足し、広告企画制作や技術者としての仕事をメインに、二足のわらじ、もとい四足ぐらいか(笑) 作品制作や撮影のお仕事にご協力頂ける被写体様(男女年齢問わず)、ヘアメイクアップアーティスト様を随時募集しております。ご興味が御座います方は是非、ご連絡下さい。